博物館について

京都大学総合博物館規程

平成9年4月1日達示第16号制定
平成16年4月1日達示第53号全部改正

趣旨

第1条この規程は、京都大学総合博物館(以下「博物館」という。)の組織等に関し必要な事項を定めるものとする。

目的

第2条 博物館は、学内共同教育研究施設として、学術標本資料に関する収蔵、 展示、公開及び教育研究の支援を行うとともに、これに関連する次の各号に掲げる研究を行う。

一 学術標本資料の収集及びその利用に関すること。
二 学術標本資料の解析及び学術的評価に関すること。
三 学術標本資料の情報化に関すること。

館長

第3条博物館に、館長を置く。
館長は、京都大学の専任の教授をもって充てる。
館長の任期は、2年とし、再任を妨げない。
館長は、博物館の所務を掌理する。

協議員会

第4条博物館に、その重要事項を審議するため、協議員会を置く。
協議員会の組織及び運営に関し必要な事項は、協議員会の議を経て館長が定める。

運営委員会

第5条博物館に、その運営に関する事項について館長の諮問に応ずるため、運営委員会を置く。
運営委員会の組織及び運営に関し必要な事項は、館長が定める。

事務組織

第6条博物館に置く事務組織については、京都大学事務組織規程(平成16年達示第60号)の定めるところによる。

内部組織

第7条この規程に定めるもののほか、博物館の内部組織については、館長が定める。

附則

この規程は、平成16年4月1日から施行する。
この規程の施行後最初に任命する館長の任期は、第3条第3項の規定にかかわらず、平成17年3月31日までとする。
次に掲げる規程は、廃止する。

一 京都大学総合博物館協議員会規程(平成9年達示第17号)
二 京都大学総合博物館運営委員会規程(平成9年達示第18号)
三 京都大学総合博物館長候補者選考規程(平成9年達示第19号)

ページの先頭へ

京都大学総合博物館協議員会規程

平成16年4月1日制定

第1条この規程は、京都大学総合博物館規程(平成16年達示第53号)第4条第2項の規定に基づき、 総合博物館(以下「博物館」という。)の協議員会に関し必要な事項を定めるものとする。

第2条協議員会は、次の各号に掲げる協議員で組織する。

一 館長
二 博物館所属の教授
三 前2号以外の京都大学の教授のうちから、協議員会の議を経て館長の委嘱した者若干名
前項の規定にかかわらず、協議員会に、必要に応じて、協議員会の議を経て博物館の准教授を加えることができる。
第1項第3号の協議員の任期は、別段の事情がある場合を除くほか2年とし、 再任を妨げない。ただし、補欠の協議員の任期は、前任者の残任期間とする。

第3条館長は、協議員会を招集し、議長となる。
館長に事故があるときは、あらかじめ館長が指名した協議員が前項の職務を代行する。

第4条協議員会は、協議員の過半数が出席しなければ、開くことができない。
協議員会の議事は、出席協議員の過半数で決する。
前2項の規定にかかわらず、協議員会の指定する重要事項については、 協議員の3分の2以上が出席する協議員会において、出席協議員の4分の3以上の多数で決する。

第5条協議員会の事務を処理するため、協議員会に幹事を置き、事務職員を充てる。

第6条この規程に定めるもののほか、協議員会の運営に関し必要な事項は、協議員会が定める。

附則

この規程は、平成16年4月1日から施行する。
この規程施行後最初に任命する第2条第1項第3号協議員の任期は、 第2条第3項の規定にかかわらず、平成17年3月31日までとする。

ページの先頭へ

京都大学総合博物館運営委員会規程

平成16年4月1日制定

第1条この規程は、京都大学総合博物館規程(平成16年達示第53号)第5条第2項の規定に基づき、 総合博物館(以下「博物館」という。)の運営委員会に関し必要な事項を定めるものとする。

第3条館長は、運営委員会を招集し、議長となる。
館長に事故があるときは、あらかじめ館長が指名した委員が前項の職務を代行する。

第2条運営委員会は、次の各号に掲げる委員で組織する。

一 博物館所属の教員のうちから館長の命じた者 若干名
二 前号以外の京都大学の専任の教員のうちから館長の委嘱した者 若干名
前項第2号の委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

第4条運営委員会は、委員の過半数が出席しなければ、開くことができない。

第5条運営委員会は、必要があるときは、委員以外の者の出席を求めて意見を聴くことができる。

第6条運営委員会の事務を処理するため、運営委員会に幹事を置き、事務職員を充てる。

第7条この規程に定めるもののほか、運営委員会の運営に関し必要な事項は、運営委員会が定める。

附則

この規程は、平成16年4月1日から施行する。
この規程施行後最初に任命する第2条第1項第2号運営委員の任期は、第2条第2項の規定にかかわらず、平成17年3月31日までとする。

ページの先頭へ

観覧料の免除に関する申し合わせ事項

平成13年6月22日協議員会決定

京都大学総合博物館一般観覧規程第6条第1項に規程するその他の理由により特別の観覧を希望する者とは、以下の事項に定める場合とする。

(1)障害者(介護者1名を含む。但し2名以上の介護を要する場合は2名以上を同等とする。)
(2)70歳以上の高齢者
(3)京都大学名誉教授
(4)学会参加者・研究者等(要予約)
(5)元京都大学総合博物館職員

入館に際しては、窓口で障害者手帳他、各々の証を明らかにする書類の提示を求めるものとし、所定の手続きを行わなければならない。障害者手帳とは、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をいう。

館長は、博物館関係者を招待し、または招待券を発行することができる。

館長が、特に必要と認めた者は招待券を発行することができる。

4に規程する特に必要と認めた者とは、原則として以下の事項に定める場合とし、それぞれにあらかじめ連絡を受けていることを条件とする。

(1)京都大学の招待した者
(2)京都大学の教育・研究の視察のために訪問した者
(3)学校教育を目的とする観覧者(小中学校の生徒は当該学校教師の引率が必要)

附則

この申し合わせ事項は、平成13年6月1日から適用する。

附則

この申し合わせ事項は、平成13年6月17日から適用する。

附則

この申し合わせ事項は、平成19年2月5日から適用する。