HOME博物館について>収蔵庫の紹介

博物館について

京都大学総合博物館が創立から収集してきた数々の資料 収蔵庫の紹介

京都大学総合博物館では、学術標本資料約260万点を収蔵しています。その中には、国宝、重要文化財、タイプ標本、バウチャー標本が多く含まれていて、収蔵庫で大切に保管され、研究や教育のために活用されています。

博物館について

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ