HOMEイベント>トークイベント:医学におけるイメージングとビジュアリぜーション-Kyoto CollectionとKyoto Model 2つの試み-

イベント

トークイベント:医学におけるイメージングとビジュアリぜーション-Kyoto CollectionとKyoto Model 2つの試み-

実施日:2009年11月15日(日)

近年、観察技術の発達により、体内の細胞・組織、標本などを撮影する高精細イメージング技術や生体機能の複雑なメカニズムを映像で再現するビジュアリぜーションの試みは目覚しい進歩を遂げています。

本特集では、京都大学大学院医学研究科附属先天異常標本解析センターに所蔵されている数万点のヒト胚子の標本(Kyoto Collection)をもとに作成された映像と、心筋細胞のシミュレーションモデル(Kyoto Model)を開発した京都大学「細胞・生体機能シミュレーションプロジェクト」の研究成果を上映します。トークセッションでは、上映映像を元に、人の健康と疾病に関するさまざまな問題を解明するアプローチとして、映像が今までどのように利用されてきたか、現在、どのような研究がすすめられているかを、医学研究者と情報学研究者よりお話しいただきます。

日時

2009年11月15日(日) 14時00分~15時30分

※関西文化の日につき入館無料です

場所

京都大学総合博物館 2階企画展示室 上映スペース

出演

・塩田 浩平氏

(京都大学理事副学長/元大学院医学研究科教授附属先天異常標本解析センター長)

・天野 晃氏

(立命館大学生命科学部・生命情報学科教授)

・山田 重人氏

(京都大学大学院医学研究科 附属先天異常標本解析センター准教授)

司会

元木 環

(京都大学学術情報メディアセンター)

 

 

イベント

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
創立記念日(6月18日)
夏期休業日(8月第3週水曜日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ