HOMEイベント>企画展「科学技術Xの謎」関連イベント 「映像で見るX線ーレントゲン博士による発見秘話からX線天文学まで」

イベント

企画展「科学技術Xの謎」関連イベント 「映像で見るX線ーレントゲン博士による発見秘話からX線天文学まで」

実施日:2010年7月2日(金)

  レントゲンがX線を発見した1895年、世界で最初のX線に関する論文が生まれるまでの軌跡の7週間を再現したドラマ、宇宙を知る新たな学問であるX線天文学の誕生ドラマを映像で見る企画です。
  さらに、企画展にあわせて出版した「科学技術Xの謎」の中に登場する人気ページ『X線天文学を学ぶ大学院生N君の一年間』のN君が実際に登場して、X線天文学の魅力を語ってくれます。
 
【内容】
・映像file01-【奇跡の7週間―X線の発見―(2000年, 44min)】
   1895年、レントゲンはX線を発見するとすぐ実験室に閉じこもり、7週間かけて緻密な実験を  
 繰り返し、完璧ともいえる論文を書き上げます。
 この奇跡の7週間の再現ドラマから、X線発見の社会的影響を知る映像です。
 映像提供:サイエンスチャンネル(科学技術振興機構)
 ・映像file02-【X線天文学への道(1968年,  21min)】
   当時、宇宙にはX線を出すような高温の天体現象があるとは知られていませんでした。
 X線天文学の誕生により、わたしたちが知り得る宇宙の姿が大きく変化をとげていく過程を記  
 録した貴重な映像です。
・X線天文学を学ぶ大学院生N君トークショー(30min)
 
日時
 
平成22年7月2日(金) 17:30~19:30

  

場所
 
京都大学研究資源アーカイブ 映像ステーション
http://www.rra.museum.kyoto-u.ac.jp/avs/access/index.html
 
入館料
 
無料
 
定員
 
30名(先着順)
 
申し込み方法 
 
xray-eventnews@inet.museum.kyoto-u.ac.jpまたはFAX 075-753-3277まで
[1]お名前[2]X線天文学者に質問してみたいこと、を記入の上お申し込み下さい。
ご参加いただける方には【参加証メール】を返信いたします。

 

 

イベント

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
創立記念日(6月18日)
夏期休業日(8月第3週水曜日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ