HOMEイベント>京都・大学ミュージアム連携 シンポジウム「いま、大学ミュージアムに求められるもの」

イベント

京都・大学ミュージアム連携 シンポジウム「いま、大学ミュージアムに求められるもの」

実施日:2012年2月11日(土・祝)

 京都は「大学のまち」といわれるほどに、数多くの大学が、市の内外にあります。その多くは、美術館、博物館、資料館といった施設(ミュージアム)をもち、そして、その施設では、教材や研究資料として蓄積されてきたさまざまな美術品、歴史資料など、つまり、文化遺産の数々を収蔵し、その収蔵品を展覧会というかたちで公開しています。しかし、大学におけるこれらの活動は、あまり知られていないかもしれません。

 このたび、京都市内外にある13大学14のミュージアムが連携して、「京都・大学ミュージアム連携」を立ち上げました。この「京都・大学ミュージアム連携」は、2011年度文化庁助成「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」に採択された「京都のミュージアム活性化プロジェクト」の一環として設置されたもので、各大学ミュージアムが収蔵する資料を、より有効に活用し、より多くの方に知っていただくために、共同してさまざまな事業を行ってゆきます。

 その最初の事業として、2012年2月11日(土・祝)にシンポジウムを開催して、京都の大学ミュージアムが手を取りあったとき、教育や研究、さらには京都のまちの活性化にどのような成果・効果をあげることができるかを考えてみたいと思います。これからは、大学ミュージアムの活動も閉じたものではなく、社会に対して開かれたものであるべきです。開かれた大学ミュージアムが、社会にとってどのような役割を果たすことができるのか、このシンポジウムではその可能性を探ってみたいと思います。

京都・大学ミュージアム連携 実行委員会 委員長
並木誠士

日時

2012年2月11日(土・祝)13:00‐17:00(開場:12:30‐)

会場

京都工芸繊維大学センターホール

http://www.kit.ac.jp/02/matugasaki.html

プログラム

12:30 開場

13:00~13:15 プロジェクトの趣旨説明

13:15~14:00 基調講演
         建畠 晢(京都市立芸術大学学長)
         「いま、大学ミュージアムに求められるもの」

14:15~15:15 パネリスト発表
         尾﨑 眞人(京都市美術館学芸課長)
         「地域美術館の新たな可能性と、<発見する>鑑賞力の薦め」

         太田垣 實(美術評論家・大阪成蹊大学芸術学部教授)
                         「メディア側から見た大学の美術館」

         山村 純也(株式会社らくたび代表取締役)
         「京都観光とミュージアム」

         並木 誠士(京都・大学ミュージアム連携実行委員会委員長
                                        京都工芸繊維大学美術工芸資料館館長)
         「大学ミュージアム連携の可能性」

15:30~17:00 ディスカッション

※当日は、各大学ミュージアムを紹介するブースを設けます。

 

参加費

無料、申込不要 ※定員:先着700名

企画

京都・大学ミュージアム連携実行委員会

(以下、構成機関)
大谷大学博物館
京都教育大学教育資料館まなびの森ミュージアム
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
京都嵯峨芸術大学附属博物館
京都市立芸術大学芸術資料館
京都精華大学ギャラリーフロール
京都造形芸術大学芸術館
京都大学総合博物館
同志社大学歴史資料館
花園大学歴史博物館
佛教大学宗教文化ミュージアム
立命館大学国際平和ミュージアム
立命館大学アート・リサーチセンター
龍谷大学龍谷ミュージアム

共催

京都工芸繊維大学

問い合わせ先

〒606-8501

京都市左京区吉田本町 京都大学総合博物館

TEL 075-753-3272

 

 

イベント

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
創立記念日(6月18日)
夏期休業日(8月第3週水曜日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ