HOMEイベント>対話型ギャラリートーク

イベント

ウフィツィ・ヴァーチャル・ミュージアム特別企画:対話型ギャラリー・トーク

(画像をクリックしていただくとチラシ(pdf)をダウンロードしていただけます)

対話型ギャラリートーク

実施日:2013年2月23日(土)他2日

芸術の都フィレンツェはウフィツィ美術館の並み居る「名作」。

「これはきっとアートだろう(名作っていわれているし)」とか、

あるいは逆に「どうせコピーでしょ?」なんて、先入観で判断していませんか?

本企画は、専門家の解説によらず、グループで作品そのものをじっくり見て・考えて・話し合いながら、鑑賞を楽しんでいく会です。「ハイテク」の高精細で甦った名画の数々を楽しむためには、「対話」という「ローテク」の鑑賞術も役立つのではないでしょうか。

なぜ、これがアートなの?

アートの感動に、本物と複製ってどう関係してるの?

作品と、隣の人と、一緒に過ごす対話の時間。

多くの方のご参加をお待ちしています!

日時

 1) 2013年2月23日(土)11時00分~

  2) 2013年2月24日(日)11時00分~

  3) 2013年3月3日(日)11時00分~

  4) 2013年3月3日(日)14時00分~

 (各回1時間程度)

 場所

 京都大学総合博物館 2階 企画展示室

参加費

 無料です(ただし、入館料は必要です)

対象

 どなたでもご参加していただけます

(ただし、小学生以下の場合は、保護者同伴でお願いいたします)

定員

 各回20名 (人数に余裕がある場合は、当日参加も可能です)

 申込方法

 E-mailで以下の情報を明記のうえ、お申込みください

 1) お名前

 2) ご連絡先(E-mailアドレス、電話番号、Fax番号のいずれか)

   3) 参加人数

 4) 希望日時(3月3日の場合は時間も明記してください)

 E-mail info[at]inet.museum.kyoto-u.ac.jp 

       (@を[at]に換えて表記しています)

 企画内容についての問い合わせ

 京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター

E-mail  info[at]acop.jp (@を[at]に置き換えて表示しています)

共催

  京都大学総合博物館

  京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター

  みるみるの会(Art Communication In Shimane)

イベント

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
創立記念日(6月18日)
夏期休業日(8月第3週水曜日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ