HOMEイベント>東日本大震災からの生活文化の復興-人々の心をつなぐ”語り”と文化財の役割-(レクチャーシリーズno.131)

イベント

阪神淡路大震災から20年 東日本大震災からの生活文化の復興-人々の心をつなぐ”語り”と文化財の役割-

(画像をクリックしていただくとチラシ(pdf)をダウンロードしていただけます)

東日本大震災からの生活文化の復興-人々の心をつなぐ”語り”と文化財の役割-(レクチャーシリーズno.131)

実施日:2015年1月17日(土)

東日本大震災では50カ所をこえる現場で文化財レスキューが行われました。現在、保全作業が終わった文化財を被災地で展示する移動博物館が大学生によって運営されています。これからの文化財の役割と地域文化の復興について、阪神淡路大震災から20年の日に考えてみましょう。

スピーカー

  加藤幸治  先生 (東北学院大学文学部歴史学科 准教授)

 日時

 2015年1月17日(土)10時30分~12時00分 

場所

 京都大学総合博物館 ミューズラボ

スピーカーからのメッセージ 

 津波で町は流されてしまったけれど、人々は思い出を胸に再出発しています。

 これからもそこに生きていく人々にとって、もっとも大切な”文化財”は、災害以前にあった日常のくらしのイメージです。

お知らせ

 本講演終了後、博物館ロビーにて東北学院大学の学生による、文化財レスキュー活動のポスター発表を実施します

申し込み

不要です。直接博物館へお越しください

対象

小学生高学年以上(小学生の場合には保護者同伴)

参加費

無料です。ただし、博物館への入館料は必要です

問い合わせ先

〒606-8501

京都市左京区吉田本町 京都大学総合博物館

TEL 075-753-3272

イベント

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ