HOMEイベント>特別展「学びの海への船出~探究活動の輝きに向けて~」1月関連イベント

イベント

特別展「学びの海への船出~探究活動の輝きに向けて~」1月関連イベント

実施日:2015年1月16日(金)、17日(土)、24日(土)、25日(日)

『ミスター文部省』寺脇研氏の講演から、「未来の学び」を作るワークショップまで。1月も、学校現場を知り、教育のこれからを考えるイベントを実施します。 

特別展示観覧とあわせて、ぜひ、ご参加ください!

※左側の画像をクリックいただくと、PDFで開きます。

◆平成27年1月16日(金)関連企画

【展示発表】13:30~14:30 総合博物館・特別展会場
『福知山市立夜久野中学校生徒による展示発表』 

◆平成27年1月17日(土)ワークショップ&連動企画

【ワークショップ】13:30~17:00 総合博物館 セミナー室
『コミュニケーションが拓く未来の学び-博物館のコレクションで授業を作ろう-』
講師:大野照文(総合博物館長)/協力:京都市立紫野高等学校教員有志

 博物館のコレクションを使って「未来の学び」を作りたい。
 京都大学総合博物館ではこのような思いから、これまで様々なワークショップを開発、博物館内外でアウトリーチ活動として実施してきました。今回は京都市立紫野高校の教員グループと協力し、博物館のコレクションをもとにした海洋国家日本の歴史・地理を学ぶ授業づくりのワークショップを行います。教育関係者、それ以外の方々もぜひご参加ください。

【連動企画】12:00~ 総合博物館 ロビー
『京都市立紫野高等学校生徒による展示発表』

◆平成27年1月24日(土)講演

【講演】14:00~15:30 総合博物館 講演室
『学校で探究活動をすすめる意義とは?-学びの海の自律航法-』
 飯澤 功(京都市立堀川高等学校教諭) 

◆平成27年1月25日(日)特別講演 

【講演】13:00~16:00 総合博物館 講演室
『21世紀の教育、そして22世紀へ』
 寺脇 研(京都造形芸術大学教授)
            +大野照文(総合博物館長)との対談

【連動企画】12:15~12:45 総合博物館・特別展会場
『奈良県立青翔高校生徒による展示発表』

イベント

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
創立記念日(6月18日)
夏期休業日(8月第3週水曜日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ