HOMEイベント> 「野生のチンパンジーの障害児と他個体によるケア」no.139

イベント

 

「野生のチンパンジーの障害児と他個体によるケア」no.139

実施日:2016年5月14日(土)

京都大学の研究者らが50年以上研究を続けてきたマハレという野生のチンパンジーの調査地で、初めて障害を持った子どもが観察されました。母親やその他の個体たちがこの子にどのように向き合ったのかを紹介します。

 (画像をクリックするとPDFでご覧頂けます)

※子ども対象のレクチャーではありません。

■◆■2016 Lecture series■◆■

さまざまな分野の研究をリードする京大の研究者たち。今年度は5人を招き、研究のおもしろさや可能性を総合博物館館長が聞き出します。ご一緒に研究の世界へ。中高生も大歓迎です。

(2016年のチラシはこちらからPDFでご覧いただけます)

スピーカー

 中村美知夫 先生 (京都大学野生動物研究センター)

◇中村先生よりメッセージ◇
チンパンジーは私たち人間に最も近縁な生き物です。自然な状況下でチンパンジーがどのように暮らしているのかを知ることで、普段とは少し違った角度から「人間とは何か」ということを考えて頂ければと思います。 
 日時

 2016年5月14日(土)10時30分~11時30分 

場所

  京都大学総合博物館 ミューズラボ

申込み

 不要

参加費

 無料。ただし、博物館への入館料は必要

問い合わせ先
 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町 京都大学総合博物館
 TEL 075-753-3272

イベント

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
創立記念日(6月18日)
夏期休業日(8月第3週水曜日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ