HOMEイベント>平成29年度特別展ミュージアムトーク「火焔型土器の造形」

イベント

 

平成29年度特別展ミュージアムトーク「火焔型土器の造形」

実施日:2017年10月15日(日)

 グレートブリテン島でストーンヘンジがつくられはじめた5000年前。日本列島本州中部では火焔型土器が盛んにつくられていた。火焔型土器の造形について、ユーラシア大陸の東西端の先史文化を比較しながら考えます。

ミュージアム・トーク「火焔型土器の造形」 

日 付2017年10月15日(日)
時 間:13:30~15:00
会 場:京都大学総合博物館
講 師:サイモン・ケイナー(セインズベリー日本藝術研究所)
 宮尾 亨(新潟県立歴史博物館)
 
※参加費無料(ただし、博物館への入館料は必要です)
 
 
 
主催:京都大学総合博物館・信濃川火焔街道連携協議会・新潟県立歴史博物館
共催:京都大学文学研究科・京都大学文化財総合研究センター
後 援:京都府教育委員会・京都市教育委員会・NPO 法人ジョーモネスクジャパン

 

イベント

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ