HOMEイベント>なぜ時差ボケになるのか?-時計細胞の解析による時差症状改善法-

イベント

 レクチャーシリーズno.151 なぜ時差ボケになるのか?

(画像をクリックしていただくとpdfをご覧いただくことができます)

なぜ時差ボケになるのか?-時計細胞の解析による時差症状改善法-

実施日:2018年11月10日(土)

スピーカー

 山口 賀章 先生 (薬学研究科 講師)

概要

 脳の視交叉上核という小さな部位が、24時間周期の体内リズムを生み出しています。視交叉上核の特別な神経細胞群が、リズムを乱す外乱に抵抗性を持つため、結果として時差ボケを起こしてしまうことがわかってきました。

先生からのメッセージ

 昼夜といった時間の手がかりがなくても、私たちは自身が持っている体内時計により、規則正しく生活することができます。時差ボケは、この体内時計が乱れることにより生じますが、改善する手立てはあるのでしょうか?

開催日

 2018年11月10日(土)10時30分~12時00分

場所

 京都大学総合博物館 1階 ミューズラボ(自然史展示室内)

申し込み

 不要です。直接会場にお越しください

参加費

 無料です。ただし、博物館への入館料は必要です。

問い合わせ

 〒606-8501 京都市左京区吉田本町

 TEL: 075-753-3272  FAX: 075-753-3277

   E-mail: info*inet.museum.kyoto-u.ac.jp(*を@になおして送信してください)

後援

 京都府教育委員会 京都市教育委員会

 

イベント

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
創立記念日(6月18日)
夏期休業日(8月第3週水曜日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ