HOME企画展・特別展>地の宝ー百年を超える眠りからさめる旧制三高・京都帝大時代の秘蔵鉱物コレクションー

企画特別展のご案内

地の宝ー百年を超える眠りからさめる旧制三高・京都帝大時代の秘蔵鉱物コレクションー

開催期間:2014年10月29日 - 2014年11月30日

※11月8日(土)の講演会情報を追加しました。(2014年11月5日)
※11月15日、22日、29日(土)の講演会情報を追加しました。(2014年11月12日)


地の宝
-百年を超える眠りからさめる旧制三高・京都帝大時代の秘蔵鉱物コレクション-

 京都大学総合博物館には、1869(明治2)年設立の舎蜜局以来の伝統を持つ旧制第三高等学校や1897(明治30)年に創立された京都帝国大学理工科大学以来の資料が保存されています。これらは、教育資料として、また研究標本として活用され、今に伝えられています。今回、明治期の鉱物や鉱石標本をあらたに整理したところ、世界的にも第一級のコレクションであることが明らかになりました。
 今100年を超える眠りからさめる秘蔵コレクションを展示し、博物館における鉱物標本のあり方を考えることにしました。

主催:京都大学総合博物館
共催:京都大学大学院人間・環境学研究科、京都大学大学院工学研究科、京都大学大学院理学研究科地質鉱物学教室・京都大学大学文書館
協賛:(旧)財団法人地下資源研究所、公益財団法人益富地学会館
後援:京都府教育委員会、京都市教育委員会
 

   

※左側の画像をクリックするとPDFで開きます。

 

関連講演会

※いずれも参加費不要(入館料は必要)、申込不要でご参加いただけます。
※会場は、京都大学総合博物館 本館3階講演室 となります。

◆11月1日(土)10:30~12:00(10:00開場)
「総合博物館に所蔵された鉱物標本について(展示ガイドツアー付き)」
講師:下林典正(京都大学大学院理学研究科・教授)

◆11月8日(土)10:30~12:00(10:00開場)
「総合博物館に所蔵された鉱物標本について(展示ガイドツアー付き)」
講師:下林典正(京都大学大学院理学研究科・教授)

◆11月15日(土)10:30~12:00(10:00開場)
「京大の鉱物コレクション『地の宝』との出会い」
講師:豊遙秋(産業技術総合研究所地質標本館・元館長)

◆11月22日(土)10:30~12:00(10:00開場)
「宮沢賢治と元素・鉱物の世界」
講師:桜井弘(京都薬科大学・名誉教授)

◆11月29日(土)10:30~12:00(10:00開場)
「京大の鉱物コレクション『地の宝』との出会い」
講師:豊遙秋(産業技術総合研究所地質標本館・元館長)

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
創立記念日(6月18日)
夏期休業日(8月第3週水曜日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ