HOME企画展・特別展>医は意なりー命をまもる 知のあゆみー

企画特別展のご案内

医は意なりー命をまもる 知のあゆみー

開催期間:2015年02月11日 - 2015年04月12日

医は意なり

ー命をまもる 知のあゆみー  

 熱意と使命にあふれる医の歴史ーパイオニア時代から最先端まで

 医学を志す人たちに長く受け継がれている言葉が「医は意なり」です。この言葉の中心には「医の使命はただ一つ、病気になった人を直すこと」という真摯な気持ちがあります。
 一方で「意なり」を「威なり」や「異なり」と読みくだすことで、自分たちの慢心を戒める気持ちも込められています。曲直瀬道三や亀井南溟など、日本の医の先人たちは、この言葉を座右の銘とし、熱意と強い使命感をもって進歩に貢献しました。
 「第29回日本医学会総会2015関西」の開催を機に企画しました今回の医学史展では、まず、現代につながる江戸時代以降の医の発展に尽くした先人たちについて、関西に重点をおきつつ紹介します。また、医学、看護、助産とその教育、創薬と医療技術の変遷を、明治から現在まで概観いただきます。さらに、最先端医学についても紹介します。そして、生命と生命理論、社会保障制度の歴史をご理解いただき、全体として「命をまもる知のあゆみ」を皆さんと一緒に学びます。
 医療にはまだまだ解決すべき課題がありますが、市民の皆さんや医療に関わる人たちとともに、過去の経験から学び、誰もが健康にすごせ、安心して子供を生み育める社会をつくりだすためのさらなるきっかけとなることを、心から期待いたします。

 主催:第29回日本医学会総会2015関西、京都大学総合博物館

協賛:島津製作所/日本新薬/ツムラ/ナカライテスク/日本ベーリンガーインゲルハイム/和研薬

 

※チラシをクリックするとPDFで開きます。

関連イベント

◆医学史サロン

そうだったのか!そうなんです。

昔のお医者さんのお話から再生医療の問題まで。
各分野のオーソリティが揃った医学史展ワーキングメンバーの先生方がとっておきのトークを皆さんにお聞かせします。

場 所:京都大学総合博物館 講演室

参加費:無料(ただし、博物館の観覧料が必要) 

詳細はこちらからご覧ください。

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ