HOME企画展・特別展>平成29年度企画展 「標本からみる京都大学動物学のはじまり」

企画特別展のご案内

平成29年度企画展 「標本からみる京都大学動物学のはじまり」

開催期間:2017年06月21日 - 2017年10月08日

 

 京都大学総合博物館20周年記念

平成29年度企画展

標本からみる京都大学動物学のはじまり

 京都大学は動物学の分野でも世界をリードしています。その研究や教育の歴史において標本が重要な役割を果たしてきました。本企画展では、京都大学の動物学のはじまりについて、1890(明治23)年までさかのぼる標本をもとに新しい視点で探ります。第三高等学校が購入・収集し、現在までの京都大学で教育・研究に活用された標本を展示するとともに、明治・大正期の第三高等学校や京都における動物学を紹介します。京都大学総合博物館は100年以上の標本の歴史を背景に1997年4月に発足し、設立20周年をむかえました。総合博物館が展開している標本を基盤とした新しい博物館学の構築と大学博物館の役割についても展望します。

 

 

 

画像をクリックするとPDFでご覧いただけます
 
主催:京都大学総合博物館
後援:京都府教育委員会、京都市教育委員会
協力:京都府立図書館
 

展示解説

7月8日、7月29日、8月19日、9月16日、10月7日(土)
14:00~14:30 日本語解説(in Japanese)
15:00~15:30 英語解説(in English)が行われます。
 
※申込不要 場所:企画展示室 解説者:本川雅治(京都大学総合博物館)
 

講演会

◆「京都における明治・大正期の動物学、平瀬與一郎、平瀬貝類博物館」
6月24日(土) 14:00~16:00
Paul Callomon(ドレクセル大学)、押田 龍夫(帯広畜産大学)
 
◆「本草学から動物学へ」
7月15日(土) 14:00~15:30
疋田 努(京都大学名誉教授)
 
◆「三高動物学とこれからの博物館科学」
8月5日(土) 14:00~15:30
本川雅治(京都大学総合博物館)
 
※いずれも先着順につき申込不要、場所:本館3階講演室
 
詳細についてはコチラをご覧ください。
 

京都大学の動物学研究のいま

8月26日(土)13:00~16:00  ※申込不要、場所:企画展示室

京都大学人間・環境学研究科や理学研究科の若手研究者がリレー式で研究紹介します。

  • オオサンショウウオ いま むかし
  • 北日本のヒガシニホントカゲの地理変異について
  • ヘリグロヒメトカゲ 最近分布を広げた中琉球固有の爬虫類

など

 

アジアの動物学研究のいま Currenz zoology reseached in Asia.

9月2日(土)13:00~16:00  ※申込不要、場所:企画展示室

アジア各国の若手研究者がリレー式で研究紹介します。(発表は英語のみ、通訳なし

Several young reseachers from Asian countries introduce their reseach (in English).

 ★詳細は後日お知らせいたします★

 

大学博物館シンポジウム

●画像をクリックするとプログラム内容などがPDFでご覧いただけます●

 

7月2日(日)13:00~17:00

※文末のe-mailアドレスへ  申込〆切:7月1日(土)

当日受付もあります(先着順)

 場所:本館3階講演室 全て英語のみ、通訳なし

The Symposium focuses about collection, museum science, and international network of university museums worldwide (all in English, no translation).

Speakers:Paul Callomon (Drexel University), Boris Krystufek (Slovenian Museum of Natural History), Kai He (Kyoto University), Daosavanh Sanamxay (National University of Laos), Masaharu Motokawa (Kyoto University), Naohide Nakayama(Kyoto University)

参加申込み・問い合わせ,Registration and inquiry

um-symp2017@inet.museum.kyoto-u.ac.jp 

 

ミニ展示

企画展示室内「学びの部屋」にて京都府立図書館と連携したミニ展示を行っております。また京都府立図書館でも、当館所蔵資料の展示や関連図書のミニコーナーが設置されています。

詳細はコチラをご覧ください。

 

 

※いずれも参加費無料(ただし、博物館への入館料は必要です)

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ