HOME企画展・特別展>平成29年度特別展 火焔型土器と西の縄文―Jomonesque Japan2017―

企画特別展のご案内

平成29年度特別展 火焔型土器と西の縄文―Jomonesque Japan2017―

開催期間:2017年09月09日 - 2017年10月22日

 平成29年度特別展 国宝公開

火焔型土器西の縄文

Flame Pots ―Jomonesque Japan2017―


 縄文時代1万余年の中で日本列島には、さまざまな縄文土器があります。火焔型土器は、現在の新潟県に相当する地域で出土する、約5000年前の縄文土器です。火焔型土器とは、大きな突起と立体的文様とが燃えさかる炎を連想させることに由来するニックネームです。火焔型土器のデザインは、容器の概念を逸脱しているように見え、多くの人びとに注目されています。
 新潟県の6市町(新潟市、 三条市、 長岡市、 十日町市、 魚沼市、 津南町)で組織する信濃川火焔街道連携協議会は、火焔型土器を活用した地域振興および広域観光を推進しています。同協議会は、火焔型土器などを構成文化財として、文化庁の日本遺産に平成28年に申請し、『「なんだ、コレは!」信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化』の名称で、その認定を受けました。本特別展は、日本遺産認定を記念し、第1部で火焔型土器や同時代の土偶や石棒などの出土品を通して、その実態と魅力を多面的に紹介します。そして第2部では、京都大学の資料によって、火焔型土器と同時期の全国各地の土器を概観するとともに、100年の歴史をもつ考古学研究室が調査した西日本の縄文遺跡の出土品、大学構内や周辺の縄文遺跡の調査研究成果を紹介しながら、西の縄文の視点から火焔型土器について考えます。

 

●画像をクリックするとPDFで詳細をご覧いただけます● 

 
 
企画:「火焔型土器と西の縄文 Jomonesque Japan2017」展 実行委員会
主催:京都大学総合博物館・信濃川火焔街道連携協議会・新潟県立歴史博物館
共催:京都大学大学院文学研究科・京都大学文化財総合研究センター
後援:京都府教育委員会・京都市教育委員会・NPO法人ジョーモネスクジャパン

特別対談/トーク&コンサート

特別対談「火焔型土器を語る」
日 付:2017年9月9日(土)
時 間:13:00~14:30(受付開始12:30)
対談者:小林達雄(國學院大學 名誉教授)
    泉 拓良(京都大学総合生存学館 特定教授)
会 場:京都大学百周年時計台記念館2階 国際交流ホール
定 員:200名(事前予約不要、先着順)
※会場は博物館内ではありませんのでお越しの際はお間違えの無いようご注意ください。

 

ミュージアムトーク
日 付:2017年9月9日(土)
時 間:15:00~
講 師:佐藤雅一(新潟県津南町教育委員会)
会 場:京都大学総合博物館2階 企画展示室

 

縄文コンサート
日 付:2017年9月9日(土)
時 間:15:30~
演奏者:斎藤孝太郎(エレキチェロ演奏者)
会 場:京都大学総合博物館1階 ミューズラボ

 

 

研究講演会「火焔型土器と西の縄文」

日 付:2017年9月10日(日)
 11:00~  寺﨑裕助(新潟県考古学会会長)
 13:00~  泉 拓良(京都大学総合生存学館特定教授)
 14:00~  建石 徹(文化庁美術学芸課)
会 場:京都大学総合博物館3階 講演室
定 員:50名(事前申し込み不要、当日博物館受付にて整理券配布)

 

 

ワークショップ「考古学者の弟子」講座

日 付2017年9月16日(土)、10月7日(土)、10月14日(土)
会 場:京都大学総合博物館 本館3階 講演室
定 員各回20名(要申し込み)
受付は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。
 
詳細はこちらのページからご確認ください。
 
 
※いずれも参加費無料(ただし、博物館への入館料は必要です)

 

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ