HOME企画展・特別展>てんかんをめぐるアート展 2017

企画特別展のご案内

てんかんをめぐるアート展 2017

開催期間:2017年11月01日 - 2017年11月05日

てんかんをより深くより広く理解するための展覧会

てんかんをめぐるアート展2 0 1 7

 

 てんかんは100人に1人が患う頻度の高い脳の病気です。症状は短時間ながら、多様であり、また突然に起きます。てんかん治療は進歩しているにも関わらず、この特徴から病気に対する正しい理解が充分に進まず、社会的心理的な悩みを抱えている人は少なくありません。
 てんかんのある人で芸術的な才能を発揮した人は多く知られています。作品を病気と結びつける必要はありませんが、病気があること、またそれに向き合うことで生み出される創作は存在します。発症を契機として、あるいはその病態ゆえに独特なアートを創出している人もいます。病気のある人を支える方が、その行為を通じて感じ取った心の動きをアートに表現することもあるでしょう。
日本てんかん学会は昨年、てんかんのある人と支える人のアート作品を一般公募し、「てんかんをめぐるアート展」を開催し好評を博しました。今年は11月1~5日に、京都で日本てんかん学会第51回年次学術集会に重ねて、第2 回のてんかんをめぐるアート展を企画しております。
 京都は明治のはじめに仏教界などの民間の努力が実って設置された京都療病院(現府立医大病院)の伝統からも示されますように医療に対する意識が高く、このような土地柄で疾患についての正しい認識を持ってもらうことは一般の方の啓蒙活動としてたいへんに重要です。本アート展が、アートに親しむとともに、てんかんとアートについて考える機会、さらにはてんかんの啓発に役立つ機会、そしててんかんのある人が社会参加するひとつの契機になればとおもいます。
「てんかんをめぐるアート展」運営委員長 池田昭夫

 

●画像をクリックするとPDFでご覧いただけます●

(※17/10/17 新しいPDFに差し替えました。)

 

主催

第51回日本てんかん学会学術集会

共催

京都大学総合博物館、独立行政法人 国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センター

後援

医療・芸術・脳科学融合プロジェクト

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ