HOME企画展・特別展>2018年度特別展 カメラが写した80年前の中国―京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真

企画特別展のご案内

2018年度特別展 カメラが写した80年前の中国―京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真

開催期間:2019年02月13日 - 2019年04月14日

2018年度特別展

カメラが写した80年前の中国―京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真

 人文学系から情報発信!

 この度、京都大学に戦後70年あまりの間秘蔵されていた「華北交通写真」を、西日本で初めて展示することになりました。各方面のご理解の賜物です。
「華北交通写真」とは、戦前(1939~45年)、中国の北部・西北部一帯の交通網(列車、バス、船舶など)を管轄していた日中合弁の華北交通株式会社による広報用ストック・フォトのことを指しています。その数、3万5千点あまり!
戦前中国にあった日系の会社で、自社用にストックしていた写真が、これほど完璧な状態で残っている例はほとんどありません。それほど貴重な写真群が、戦後の混乱期に、縁あって京都大学に委託され、今日まで京都大学人文科学研究所で大切に保管されてきたのです。
この機会にぜひ、京都大学が所蔵する資料の一端について触れていただき、今後の日本と中国、そして周辺アジア諸国との関係に思いを馳せていただければ、と願っております。

貴志俊彦(東南アジア地域研究研究所/本展実行委員会委員長)

カメラが写した80年前の中国-京都大学人文科学研究所所蔵華北交通写真

●画像をクリックするとPDFでご覧いただけます●

主催:京都大学総合博物館、京都大学人文科学研究所、京都大学東南アジア地域研究研究所
共催:一般財団法人日本カメラ財団、ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター
協力:京都鉄道博物館、京都大学学術研究支援室
後援:京都府教育委員会、京都市教育委員会
企画:「カメラが写した80年前の中国」展実行委員会

展示構成

第1章:旧分類別華北交通写真
 (1)華北交通(会社) (2)資源 (3)産業 (4)生活・文化 (5)各路線
第2章:華北交通写真資料
第3章:雲岡石窟写真
第4章:華北民俗写真
第5章:カテゴリー別華北交通写真
 (1)列車・鉄道 (2)民族 (3)教育 (4)日本人社会 (5)娯楽 (6)検閲印付写真

華北交通写真プロジェクター展示
 (1)鉄道 (2)女性 (3)子供 (4)学校 (5)食と住居 (6)老いと医療
華北交通映像フィルム上映(京都鉄道博物館所蔵)
 (1)「華北交通創業」(1939年) (2)「華北交通の社員生活」(1943年)
華北交通アーカイブの紹介(華北交通アーカイブ作成委員会)

関連イベント

 企画担当者によるトーク・イベント
「カメラが写した80年前の中国」展をふりかえって
日時:2019年4月13日(土)13時~15時
会場:京都大学総合博物館本館3階講演室
解説者:
貴志俊彦(京都大学東南アジア地域研究研究所)
石川禎浩、菊地暁、向井佑介(京都大学人文科学研究所)
白山眞理(一般財団法人日本カメラ財団)
*参加無料(ただし、博物館への入館料は必要)、申込不要、先着順

常設展

  • 自然史
  • 文化史
  • 技術史

ご利用案内

開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
年末・年始(12月28日~1月4日)
創立記念日(6月18日)
夏期休業日(8月第3週水曜日)
観覧料
個人観覧料
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 400円 300円 200円

障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名、および70歳以上の方は無料です。(年齢確認ができるものをご提示ください。)

団体観覧料(20人以上の場合)
  一般 高校・大学 小・中学生
一人 300円 200円 100円

団体20人につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。

ページの先頭へ