企画展・特別展

2020年度特別展 文化財発掘Ⅶ 「木を遺す、木を伝える―木製品の調査と保存―」

開催期間:

2020年度特別展 文化財発掘Ⅶ

木を遺(のこ)す、木を伝える

―木製品の調査と保存―

会期:2021年3月17日(水)~5月16日(日)

 木は、私たちの身近にある素材として、古くより器物や建築物などに盛んに利用されてきました。しかし、土器や石器などと異なり、埋没環境が整わなければ、年月の経過とともに土中で失われてしまいます。今回の「文化財発掘」では、このような特質をもつ木製の文化財に焦点を当て、関連するさまざまな研究の営みにも目を向けます。

 京都大学構内の遺跡では、北部構内(北白川追分町遺跡)の地中深くで見つかった縄文時代の低湿地と大木にまつわる研究、弥生時代や平安時代後期の木製品が出土した岡崎国際交流会館建設地点の発掘調査(2018年)の成果をとりあげます。木製の出土物は、そのままでは乾燥し朽ちてしまうため、薬剤や機器による保存処理が求められます。後世に伝え活かしていくために工夫が重ねられているそれらの手法について、処理の済んだ資料とともに紹介します。

 また、総合博物館には、弥生時代の稲作農耕の姿をはじめて世に知らしめた奈良県唐古遺跡の発掘調査(1937年)出土品をはじめ、歴史的に貴重な木製の資料が数多く収められています。先人の努力により守られてきたこれらの資料も、あわせて展観します。

 この展示から、木の文化財の広い世界と豊かな可能性とともに、埋蔵文化財や考古学の調査と研究がもつ、文理を越えた学際的な側面に触れていただけることを願っております。

●画像をクリックするとPDFでご覧いただけます●

主催:京都大学総合博物館

   京都大学大学院文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センター

関連講演会(定員30名:応募者多数の場合は抽選)

第1回 2021年5月8日(土)13時00分~15時30分

伊藤淳史(文学研究科附属文化遺産学・人文知連携センター)「木製遺物の出土とその環境―岡崎地区の発掘調査から ― 」

村上由美子(総合博物館)「木製品を遺す試みー唐古遺跡と北白川追分町遺跡の資料ー」

第2回 2021年5月15日(土)13時00分~15時30分

杉山淳司(農学研究科)「先人の技に学ぶ木材のひみつ」

横山操(総合博物館)「樹木・木材・古材―木が遺すもの伝えるもの―」

※会場は両日とも総合博物館2階企画展示室。参加無料ですが(博物館へ入館料は必要)、申し込みが必要です。下記の要領でお申し込みください。なお、特別展以外の観覧を希望される場合には別途予約が必要です。

講演会申込要領

往復ハガキまたは電子メールにて「文化財発掘 講演会参加希望」と明記し、①参加希望講演会(第1回または第2回のどちらか)②住所 ③氏名 ④電話番号をご記入の上、総合博物館まで郵送ないし送信してください。申し込み一度につき、講演会1回のみ応募可能です。両日とも参加希望の場合、2回に分けてお申し込みください。

応募先:〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学総合博物館

E-mail:info*inet.museum.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて送信してください)

【応募締め切り】第1回:4月17日(金)第2回:4月23日(金) 必着

※申し込みに際し、以下の点にご注意ください。

【ハガキの場合】返信用ハガキに宛名をあらかじめご記入の上、京都大学総合博物館「文化財発掘講演会」宛に送付して下さい。

【メールの場合】添付ファイルの返信ができない携帯メールからのお申込みはご遠慮ねがいます。