企画展・特別展

2024年度企画展「宇宙からの手紙 隕石の発見からはやぶさ2の探査まで」

開催期間:

2024年度企画展

宇宙からの手紙

隕石の発見からはやぶさ2の探査まで

会期:2024年7月24日(水)~11月3日(日)

 

 今からちょうど120年前、兵庫県のある村で轟音とともに天より落ちる火の玉が目撃されました。村人の手により、火の玉の正体は重さ4.7kgの塊であることがわかり、その後その鉄塊は京都帝国大学へと渡り研究が行われました。その鉄塊こそが、京都大学における「地球外物質研究」の始まりを告げた「隕石」であり、村の名前から「岡野隕石」と名付けられました。岡野隕石はおよそ46億年前にこの太陽系のどこかで誕生した星の欠片であり、内部にはその星の一生が記録されています。しかし、その記録は「化学組成」に隠されていたり、「岩石の組織」が人知れず物語っていたり、簡単には読み解くことができません。私たちは200年以上前からそのような地球外物質-「宇宙からの手紙」-の解読に取り組み、太陽系の歴史を少しずつ紐解いてきました。

 現在私達は、隕石に加えて、「宇宙から降ってくる塵(宇宙塵)」や、「探査機が持ち帰った天体の欠片(リターンサンプル)」など、特徴が異なる3種の天体の欠片を手にしています。そして、それらを解読するために数々の手法を編み出してきました。今回の企画展「宇宙からの手紙 隕石の発見からはやぶさ2の探査まで」では、地球外物質研究の背景と奥深さを、鉱物学という側面から切り取り、可能な限り実物と共に紹介いたします。

 本展示では「宇宙からの手紙」である多種多様な隕石に加え、実際の宇宙塵やリュウグウ粒子等リターンサンプルも展観します。その中で、地球外物質研究の歴史、特に京都大学の今昔の研究について詳しく触れます。また、京都に落下・発見された唯一の隕石である「曽根隕石」の里帰り展示や、昨年度当館の屋上で行われた地球外物質探査など、地元の地球外物質も紹介いたします。微小な標本が数多く並ぶので、実際の地球外物質研究のスケール感を体感してもらいたいと思います。地球内外の石の比較や、石を読み解く鉱物学そのものについても触れ、さらには「流星刀」の展示(期間限定)などを例に、地球外物質と人々との関わりについても紹介いたします。本企画展示を通して、地球外物質をより身近に感じてもらい、秘められた面白さを伝えられれば幸いです。

チラシの画像。本ページのテキスト内容に加え、隕石の写真や宇宙のイメージ。

画像をクリックするとチラシのPDFをご覧いただけます

主催:京都大学総合博物館

後援:国立研究法人 産業技術総合研究所地質調査総合センター

   京都府教育委員会、京都市教育委員会

協力:国立極地研究所

期間限定展示

「流星刀」と白萩隕石2号(富山市科学博物館 蔵)

7月24日(水)~9月1日(日)

関連講演会・イベント

7月28日(日) 対話型ミニレクチャー企画

隕石と結石、それぞれ宇宙と体内という全く異なる環境で見つかる石。この異なる二つの石に、結晶成長学の観点から橋渡しした大阪大学の丸山美帆子先生をゲストにお迎えし、2024年度京都大学総合博物館企画展『宇宙からの手紙:隕石の発見からはやぶさ2の探査まで』を企画した竹之内惇志ディレクターとの対話型ミニレクチャーを開催することとなりました。尿路結石という全く新しい対象に、長い歴史と実績ある地球科学的なアプローチを取り入れるという先進的な取り組みについて、隕石分析の専門家とともに皆さんと一緒に紐解いていきたいと思います。

日時:2024年7月28日(日) 10:30〜12:00

場所:京都大学総合博物館 1階自然史展示室内 ミューズラボ

申し込み:不要ですが、着席は先着順で30名ていどを予定しています。

参加費:無料です。ただし、博物館入館の際に観覧料が必要です。

チラシの画像。本ページのテキスト内容に加え、隕石と結石の写真、対談者の顔写真。

画像をクリックするとチラシのPDFをご覧いただけます

関連講演会・イベントの今後の予定

8月8~9日 オープンキャンパスに伴うミニガイド会
8月21~23日 電子顕微鏡体験会及び解説会
9月(日付未定) 関連講演会
10月(日付未定) 関連講演会
11月2日 関連講演会

随時、詳細について更新していきます。