イベント

子ども博物館(6月15日)

実施日:2024年6月15日(土)

大学院生が中心に行っている対話型解説イベントです。大人の方もお気軽にご参加ください。

子ども博物館(6月8日)

実施日:2024年6月8日(土)

大学院生が中心に行っている対話型解説イベントです。大人の方もお気軽にご参加ください。

子ども博物館(5月18日)

実施日:2024年5月18日(土)

大学院生が中心に行っている対話型解説イベントです。大人の方もお気軽にご参加ください。

子ども博物館(5月11日)

実施日:2024年5月11日(土)

大学院生が中心に行っている対話型解説イベントです。大人の方もお気軽にご参加ください。

イベント一覧へ

最新情報

  • 北館1階展示室・閉室について(6月12日)

    北館1階展示室は展示入替え作業にともない、6月12日(水)のみ閉室とさせていただきます。
    北館2階展示室も閉室しておりますが、南館展示室は通常通り開室しております。
    ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
  • 北館2階展示室・閉室について(6月12日~16日)

    北館2階展示室は展示入替えのため、6月12日(水)から6月16日(日)まで閉室とさせていただきます。
    なお、その他の展示室は通常通り開室しております。
    ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
  • 資料のデジタル発信(『古文書集』より「斑島文書」14点)

    京都大学貴重資料デジタルアーカイブシステム(京都大学図書館機構)において、京都大学とプリンストン大学の共同事業により、当館が所蔵する『古文書集』より「斑島文書」14点をデジタル公開しました。(2024年3月29日)

    くわしくはこちらをご覧ください。

     

    京都大学とプリンストン大学は、2020年3月、京都大学総合博物館が所蔵する古文書を世界に発信し、全世界において日本の歴史及び文化の知識及び意識を深められることを目的として、京都大学総合博物館が所蔵する古文書のデジタルイメージの公開及び当該古文書の研究を共同で行う事業を開始しています。両大学が古文書の読解・研究を協力して進め、その成果を、それぞれの大学がデジタル公開し、相互にリンクを張ることにより、日本に対する理解を深める基盤を作ろうとするものです。

  • 資料のデジタル発信(「教王護国寺文書」より311点)

    京都大学貴重資料デジタルアーカイブシステム(京都大学図書館機構)において、当館が所蔵する「教王護国寺文書」より311点をデジタル公開しました。(2024年2月8日)

    くわしくはこちらをご覧ください。

  • 北館2階展示室・閉室について(2月28日~3月3日)

    文化財発掘X「比叡山麓の縄文世界」開催準備のため、北館2階展示室は2月28日(水)から3月3日(日)まで閉室とさせていただきます。
    なお、その他の展示室は通常通り開室しております。
    ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
  • 京都マラソンによる交通規制(2月18日)

    2月18日(日)は京都マラソンによる交通規制がかかります。

    詳細は、京都マラソンのホームページにてご確認くださいますようお願いいたします。

  • 年末年始 休館のお知らせ(12月28日~1月4日)

    2023年12月28日(木)から2024年1月4日(木)まで休館いたします。
  • 展示資料搬入に伴う一部閉室について(12月15日・午前のみ)

    北館1階展示室「日本古代文化の展開と東アジア」内への学術資料搬入のため、12月15日(金)は午前のみ閉室とさせていただきます(作業が完了次第、開室予定)。
    なお、その他の展示室は通常通り開室しております。
    ご迷惑をおかけしますが、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。
  • 入館無料のお知らせ(11月18日、11月19日)

    第21回関西文化の日」により、11月18日(土)、11月19日(日)は

    入館無料となります。

  • 日本産新鉱物「北海道石」を展示します

    9月30日より自然史展示室の「地球をつくる鉱物」にて「北海道石」を常設展示いたします。
    「北海道石」は北海道で発見され,国際鉱物学連合の新鉱物・命名・分類委員会(CNNMC-IMA)により今年の1月に新種として承認された日本産新鉱物です。
    本展示では,オパールに包含された小さな北海道石の粒子が紫外線照射により蛍光する様子をご覧いただけます。
    展示に用いる標本は,北海道石の研究グループのメンバーであり当館の学外研究協力者でもある,石橋隆研究員により寄贈頂きました。
     
    展示場所:南館1階 自然史展示室「地球をつくる鉱物」蛍光鉱物コーナー
    展示期間:常設(予定)※予告なく展示の入れ替えを行う可能性があります

過去の最新情報はこちら